| HOME | TOP | 新規投稿 |

気まぐれ日記


Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] → Next

香々地町、長崎鼻へ 2016/04/02 (土)
熊本県に住む、私の尊敬するカメ吉さんが長躯して
真玉海岸の夕日と長崎鼻へ1泊2日の撮影に来た、出会いたかったが
いろんなことで忙しくて行くことができずに残念な思いをした

後で見せてくれた写真はどれも素晴らしく
私も長崎鼻へ出かけることにした、お天気も良く、満開の菜の花だった
1459801682.jpg
1459802379.jpg
1459802426.jpg
1459802483.jpg

丸、4年目に突入 2016/04/01 (金)
かなり長期間、撮影に行く気になれずにカメラに触っていなかった

自分ながら、気分が乗らないと動きださない性格のようで困る
2016年も4月になった、柴犬の丸も、すっかり大人になった

昨年の4月末に買い始めた黒猫のmayとも仲良くやっていっている
家の出入り口で出入りする人たちを見張ってくれている、半日くらいの留守ならば安心して出かけられる

この頃は桜の追っかけでかまってやれない、チョット拗ねた顔も見せるが
それもかわいい
1459800858.jpg
1459800950.jpg

師走も20日 2015/12/20 (日)
今年もアッと言うう間に12月20日
11月の中旬から小遣い稼ぎにバイトで精を出しています(笑)

ヤフーオークションで望遠レンズをポチッとしたら落札出来ちゃった(EF600mm F4L IS II)
中古だったがかなりの値段、ヘソクリの額も随分と乏しくなったのです〜

きょうはバイトも休みなので試し撮りをしてみた、庭先に飛んで来た
ツグミとジョウビタキ、さすがに写りは良い感じです
600x1.4=840mmの焦点距離、カメラはEOS 7Dを使用しました


1450586382.jpg
1450586451.jpg

マゼノ渓谷、水流 2015/11/05 (木)
透明度の高い水流が流れ下り、所々で滑滝状態になっていた
水面には木々の色づきが映り込んでいる。

流れの緩やかな淵では黄金色に輝く景色が見られた
昼食もアンパンを齧りながら済ませ、渓谷から出たのは13:00を過ぎていた。

紅葉の状態も一番良い時期に来れて運が良かったと思う。
1446679852.jpg
1446679915.jpg
1446679937.jpg
1446680288.jpg

マゼノ渓谷、マゼノ滝 2015/11/05 (木)
渓谷に入渓したのが11:30ころ、途中の紅葉の美しさに夢中になってしまって
滝についたのは11:50頃だった、三脚は持ってこなかったのでスローシャッタは使えない(-_-;)

手持ちで数枚写した、滝つぼ近くの紅葉も見事
滝の上流を渡河して少し上流まで行ってみることにする。
1446679177.jpg
1446679217.jpg
1446679250.jpg
1446679291.jpg
1446679468.jpg

マゼノ渓谷、清流 2015/11/04 (水)
きょうも良いお天気だった
昨日から何処に行こうかと考えていた、根子岳の紅葉が見ごろだと思ったが
新しい場所にも行ってみたいし、朝起きてから決めることにして寝た

朝の日課、犬の散歩をしながら、南小国のマゼノ渓谷へ行こうと決めた
マゼノ牧野共有組合の人たちが管理している土地にあって、期間限定で一般にも開放をしているようだ
道中で熊本の写友の方にアドバイスを頂いて、現地に着いた(入場料200円です)

駐車場に停めて、渓谷を遡上してマゼノ滝がある場所まで行くことにする
まず谷を流れている水の綺麗なことに驚いた
続きは明日の日記です
1446637248.jpg
1446637337.jpg
1446637362.jpg

大分港開港50周年、セイルドリル 2015/11/01 (日)
会場で食事をして、13:00からの帆を張る作業(セイルドリル)を待つ
30分前から会場の最前列を確保した

始まったが説明が長くてチョットうんざりした(-_-;)
さあマストに乗員が登って帆を開き始めた、帆は徐々に開いていく
私は会場から出て西方向からの撮影場所に移動した

タグボート2隻が風で帆が煽られて船体が揺れるのを抑えるために
右舷に張り付いて準備している
安全を配慮してか、一番上の帆は畳んだままだった

それでも「海の貴婦人」海王丸の魅力は素晴らしいものだった
いつか機会があれば帆船パレードを見てみたいと思う今日この頃です。
1446377331.jpg
1446377354.jpg
1446377456.jpg
1446377483.jpg
1446377792.jpg
1446377831.jpg

大分港開港50周年、飛行展示 2015/11/01 (日)
11:00前になると巨大な望遠レンズを装備したマニアが
展望台の撮影ポイントに集まってくる。

飛ぶのは航空自衛隊、築城基地のF2戦闘機とF15戦闘機
東方向から2機一緒に侵入してきた

会場の上で別れて1機ずつの侵入、まずはF2から
続いてF15、F2はいたっておとなしい飛行、F15は高バンク角で飛行してくれた
さすがにアフターバーナーは使用しなかったが、急旋回時には翼端からベイパー(水蒸気)を引いてくれた
1446376498.jpg
1446376516.jpg
1446376534.jpg
1446376552.jpg
1446376572.jpg

大分港開港50周年 2015/10/31 (日)
昨日の夜、ネットでお出かけ情報を探していたら
大分港の開港50周年記念に、大在公共埠頭に、日本に2隻ある4本マストの練習帆船
「海王丸」が(もう1隻は日本丸)入港すると分かった

お天気も良さそうだし、行こうと決めた(こうゆうときは直ぐに決断できる)
時間は10:00〜16:00の間、航空自衛隊の飛行機も10:40頃に飛ぶと書いてある
となると望遠と広角も必要だろうと選んだ3本(100〜400mm・70〜200mm・24〜70mm)と
カメラ2台(Canon EOS 5D・EOS 7D)体制で出発

09:40頃に到着、海王丸の4本マストが見えている)^o^(
まずは撮影場所の調査、飛行機は展望台から、広角は会場の海王丸近接地点
遠景は第一駐車場の西側から写すことにした

海王丸の総帆展帆(そうはんてんぱん・全ての帆を張ること)は13:00
帆を張っていない姿を数枚写した
会場には74式戦車も展示してあった
1446375023.jpg
1446375275.jpg
1446375424.jpg

沓掛山 2015/10/22 (木)
沓掛山が見えてきた、楽しい時間はもうすぐ終わる
登山をしていて、いつも思うのだが今日の時間は明日には思い出となってしまう
チョット寂しい気分になるときでもある

沓掛山を東方向から1枚、山頂で辿ってきた登山道を振り返って1枚写した

下山後、牧ノ戸から大曲まで歩くのは大変なので、軽トラックの荷台に50ccバイクを積んできて
あらかじめ牧ノ戸にデポしていた、軽トラは大曲に停めてある
縦走で登山口と下山口が離れているときに、私が使う手段です
この方法で霧立越の縦走も単独で行った実績がある(ほとんどキチガイ沙汰かも)
1445516841.jpg
1445516931.jpg
1445517553.jpg

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] → Next



| HOME | TOP | 新規投稿 |
CmfDiary(ver1.01)