国東半島

 

 蛍の里から

 ふるさと紀行TOP

 国東半島

   修正鬼会

   吉弘楽

 院内の石橋

 安心院の鏝絵

 風景・自然

 推薦サイト

 画像掲示板

 

[修正鬼会][吉弘楽]

 国東半島は、宇佐八幡宮の後背地として、歴史的にも、文化的にも影響を受けた、象徴的な例が六郷満山と呼ばれる、寺院の多さだ、神と仏の融合(神仏習合)により寺院群と密接な関係を持ち、天台宗修験僧の修行場となった、「修正鬼会」はその名残を残している

中世の石造物遺産として「国東塔」、文化的遺産としては「吉弘楽」として有名である、江戸時代には各藩が分割統治を行い(小藩分立)、明治の廃藩置県まで各地に様々な行事、風俗を残し現在に至っている

 

国宝・富貴寺(豊後高田市)

 平安期を代表する、平等院の鳳凰堂、中尊寺金色堂と共に当時の建築様式を伝える

富貴寺大堂は、西国唯一の阿弥陀堂で、九州最古の和様建築物です、本尊は阿弥陀如来

中にある壁画を保護するために、堂内は撮影禁止です、雨天は見学できません

榧の大木一本で大堂を造ったという伝説がある

 


両子寺の(国東半島の中心両子山の麓にある)国東塔

 

 鎌倉期を代表する、国東地方独特の、石造物

このほかにも、石造物としては「磨崖仏」 「板碑 」 「宝きょう印塔」 「五輪塔」 「仁王像」「石殿」などがある

安岐町の両子寺護摩堂前に或る

 

 

 

 


天念寺の川中不動

 

 豊後高田市大字長岩屋天念寺前にある川中不動

 修正鬼会で有名な,天念寺の前を流れる、都甲川の岩石に不動明王彫り込んでいる、矜羯羅、制多迦童子が両脇を固める

 

 

 


富貴寺の石殿(豊後高田市)

 富貴寺山門前にある、十王像石殿(左側にもあり、対をなしている)

仏や神を祀るために、石材で神殿型につくったものを石殿という

 BGM:Copyright(C)Music Palette

[修正鬼会][吉弘楽]

[トップ ページ][国東半島][院内の石橋][安心院の鏝絵][風景・自然][推薦サイト]

Copyright(c) 2001 My Company. All rights reserved.