吉弘楽

 

 蛍の里から

 ふるさと紀行TOP

 国東半島

   修正鬼会

   吉弘楽

 院内の石橋

 安心院の鏝絵

 風景・自然

 推薦サイト

 画像掲示板

 

[修正鬼会][吉弘楽]

吉弘楽は、大分県・武蔵町吉広字美婦に鎮座する、楽庭八幡神社の境内において、旧暦6月13日に五穀豊穣・害虫封じを祈願して奉納される

起源は古く、養老2年(719)仁聞菩薩(国東に宗教的な霊場を開いた、超人的な行者とされる)が天台宗と宇佐八幡信仰を習合し、六郷山(国東の天台寺院群)を開いたころ、天大寺院の僧侶達の指導により、楽打ちが行われ、、吉広においても六郷山大満坊の、本尊薬師如来に対して。薬師法にのっとり楽打ちが行われていた

南北朝のころ、豊後の国主大友氏の分家、吉弘氏の初代「吉弘正賢公」が入封されたとき、柞原八幡の分霊を祀り守護神とし、吉弘楽を司祭した

その後、8代「氏直公」が都甲屋山城(豊後高田市都甲)に拠点を遷したときに吉弘楽は、都甲松行でも行われるようになった

慶長5年、関ヶ原の余波を受け、西軍に付いた大友氏は、別府市石垣原の合戦において、東軍の黒田恕水と戦い大敗北を喫する(如水はどさくさ紛れに九州を統一しようとしたらしい)、このとき11代「吉弘統幸公」は戦死をした、これを契機に吉弘での楽打ちは衰退していった

元禄10年(江戸時代)杵築藩主「松平日向守重栄候」は不作の続く、吉広郷の庄屋「高原徳左衛門」らに命じ都甲松行に残る吉弘楽を、100年ぶりに吉広の地に復活させた、以来、今日までとぎれることなく奉納されている。

平成8年に国の「重要無形民俗文化財」に指定された   参考文献 清原京一氏 「重要無形文化財 吉弘楽」

吉弘楽は総勢49人で行われる

 

楽打ちは「本頭」「中頭」「末頭」の3組に編成される

本頭(ほんがしら)は 「音頭:1人」「鉦:2人」「笛:3人」「念仏:2人」「端楽15人」、の23人、基本色は紺色(陣笠のみ黒色)

末頭(なかど)は上記の構成から「笛:3人」「念仏:2人」「端楽15人」を除いた、3人である、基本色は白色

末頭(すえ)は本頭と同じ構成人数23人である、基本色は赤色

まもなく吉弘楽が始まる、各組に別れ開始の合図を待つ、緊張感のながれる瞬間である

先頭で脇差しを差しているのは「念仏申」


各組に別れていよいよ始まる

 

音頭(各組の頭)を先頭に所定の位置に着く

旗差し物の、色が各組で違うのがよくわかる

「笛」と「念仏申」は所定の場所で待機している

 

 

 BGM:Copyright(C)Music Palette


  

[修正鬼会][吉弘楽]

[トップ ページ][国東半島][院内の石橋][安心院の鏝絵][風景・自然][推薦サイト]

Copyright(c) 2001 My Company. All rights reserved.